誰が該当してどんな設備を入れられるか | お風呂リフォーム解決ナビ|業者選びで失敗しない為の比較情報

誰が該当してどんな設備を入れられるか

介護保険は40歳になると保険料を払いますが、すぐに受給できるわけではありません。介護認定などを受ける必要があります。介護保険でお風呂のリフォーム費用を負担してもらうには、要介護などに認定される必要があります。

要支援要介護と認定されることで受けられる

高齢になってくると、病気ではないが体がうまく動かせない状態になることがあります。体力の衰えであったり、脳の衰えなどがあります。すると、自宅内でも生活にも支障が出る場合があります。これまで使っていた住宅の設備をそのまま使えない場合も出てくるでしょう。生活がしやすいようにお風呂のリフォームを行う場合、介護保険を使うことができる場合があります。高齢者であれば誰でも使えるわけではなく、要支援状態であったり要介護状態でないといけません。対象に該当する人が居住している場合に対象になるので、チェックしてみるとよいでしょう。

工事費用の9割を支給される場合がある

住宅を建てるとき、若い人が使いやすいように建てます。高さなども若い人向けに作られますが、高齢になってくるにしたがって、ちょっとした高さが気になる場合があります。敷居にある段差で躓いてしまうこともあります。お風呂は特に段差が多く、脱衣所、洗い場、浴槽といろいろな段差が存在します。それを解消することで生活しやすくなる場合があります。リフォームを行うとき、条件に該当することで介護保険から工事費の9割を支給してもらうことができる場合があります。上限金額はありますが、1割の負担で行ってもらえます。

何が使えるかを知っておくと良い

お風呂をリフォームする機会は多いです。浴槽は耐用年数が短く、一定期間ごとに変更が必要だからです。浴槽以外はあまり変更することはないでしょうが、介護が必要な人がいる場合は、使い勝手を良くするために変更する場合があります。介護保険を使うことで工事費用の負担を減らせますが、何に使えるかです。手すりの設置であったり、床材の変更が使えます。床材を滑りにくい素材に変更する場合に適用されます。浴槽と洗い場の段差があると入りにくいです。そこで、浴槽を嵩上げする工事をすることがありますが、こちらも対象になっています。

まとめ


お風呂のリフォームをする目的として、介護者の利便性を良くすることがあるでしょう。この時には介護保険から一定の給付を受けることができます。自己負担は1割でよく、20万円を上限として受けることができます




このページの先頭へ