正しく給湯器を選んでお風呂の準備を楽に | お風呂リフォーム解決ナビ|業者選びで失敗しない為の比較情報

正しく給湯器を選んでお風呂の準備を楽に

毎日入るお風呂だからこそ、快適な浴室でバスタイムを楽しみたいものです。ですから、浴室が古くなっていたらリフォームを考えることも名案です。また、給湯器の能力が落ちて来た時も、リフォームの良いタイミングと言えるでしょう。

お風呂の給湯機器は種類もいっぱい


浴室のリフォームでは給湯器を交換することも多いですが、これには様々なタイプがありますから、家族構成や希望にピッタリ合った機種を選びたいところです。主に、台所も含めて浴槽とシャワーに給湯できる給湯専用機や、それに自動湯はり機能と追い炊き機能を追加した風呂給湯器、そして風呂給湯器に温水暖房機能も付いた給湯暖房熱源機など、幾つかの種類があります。自動湯はり機能を希望する場合は、後者の2つが対応機器になりますので、温水方式の床下暖房設備の有無などにより適宜選択しましょう。また、自動湯はり機能には、オートタイプとフルオートタイプもあります。

水溢れの心配が要らない自動湯はり機能は便利

オートタイプの自動湯はり機能では、設定した湯量と温度で、自動的に浴槽にお湯をはってくれます。設定したお湯の量に達しましたら自動的に注水をストップしてくるので、お湯が溢れることがないので大変便利です。その後はお湯の温度が下がった場合は、自動的に追い炊きをして一定の温度を保つようにしてくれます。また、入浴によってお湯の量が減った際は、ボタン操作をするだけで簡単に足し湯が行えます。一方、フルオートタイプの場合なら、設定した湯量より下がった時は、自動的にお湯を足してくれます。何れのタイプでも、自動湯はり機能があればほかの用事に専念していても水溢れを起こしませんから、浴室のリフォームでは加えておきたい機能です。

給湯機器選びでは号数の選択も大事

給湯器を交換する時は、号数を選択することも重要です。号数は、25度のお湯を1分間に何リッター供給できるのかを表しています。基本的に号数の数字が大きい機種ほど、一度に沢山のお湯を供給できます。そのため台所と浴室で同時にお湯を使うなど、お湯の利用スタイルや、家族構成で余裕のある号数を選びましょう。春から秋に掛けては水温もそれほど冷たくありませんから、少な目の号数でも大丈夫な場合がありますが、冬の冷たい水では能力不足になる傾向があるため、適切な号数を検討することがポイントです。一般的に一人暮らしなら16号、4人家族なら24号がおすすめになっています。

まとめ

浴室のリフォームを行う時は給湯器を交換することも多いですが、その際は自動湯はり機能が付いている機種を選びますと、毎日のお風呂の準備が楽になります。また、お湯の供給量を表わす号数を適切に選択することも、給湯器選びのポイントです。




このページの先頭へ