寿命のバスルームのリフォームをどう考える | お風呂リフォーム解決ナビ|業者選びで失敗しない為の比較情報

寿命のバスルームのリフォームをどう考える

一日の疲れを癒す場所、それは自宅にあるバスルームではないでしょうか。たとえそれが狭い空間であっても、一人の時間を有効に使える場所に違いありません。そんなバスルームは、常に新鮮で綺麗で有りたいと考えるのも、当然のことなのでしょう。

バスルームにも寿命があると知りましょう

一人リラックス出来る空間も、寿命があると言われます。一般的なお風呂では15年、ユニットバスになると15から20年が寿命と考えて良いのでしょう。また、使用頻度や環境、更には清掃などの具合によって、この寿命も変わって来ると知っておくべきです。そんなお風呂に不具合が生じてしまい、修理を繰り返すなど行なっているいると、せっかくのバスタイムも台無しになってしまい、癒しになるどころか、ストレスを溜めてしまうことにもなりかねません。そんな時は、早めにリフォームすることで、快適なバスタイムを取り戻すことが良いとされます。時には自身の高齢化を考えて、高齢者でも楽に入ることが出来るバリアフリータイプのお風呂作りも検討されるのも良い方法ではないでしょうか。

バスルームの種類を知っておきましょう

そんな家庭用のお風呂には、いろいろな種類があります。在来工法タイプと言われるオーダーメイドの商品から、システムバスもしくはユニットバスと言われる壁と天井・床が一体になっている風呂です。この時、多くの人が勘違いすることになるのが、バスルームにトイレも一緒と考えていることです。トイレが一緒なものを3点ユニットバスと呼び、トイレがないものを2点ユニットバスと呼んでいます。今人気になっているのが、ユニットバスです。在来工法になると、デザインに拘りを持てるのですが、費用がかかることと、防水性が低いと言う難点が残ります。

システムバスが人気な理由を知りましょう

システムバスが人気な理由に、リフォームの工期を短くすることが出来ることがあります。在来工法に比べると、工期も費用も抑えることが出来る大きなメリットが生まれるからです。また、防水や断熱の面でも非常に優れていることから、多くの人に採用されるに到っています。今では、浴槽もFRP、人工大理石、ホーローといった種類から選ぶことが出来る上、色もピンク、ベージュ、ブルー、グリーンなどが用意される時代になりました。風呂のサイズについては、床面積を言うことになります。この時、タイルの浴室からユニットバスへのリフォームは、サイズ選びには注意が必要になります。担当者とキチンと打ち合わせを行なうようにしましょう。

まとめ

お風呂場のリフォームには、多くの費用が必要になるため、ついつい修理で終わらす人が見られます。ですが寿命が来たものには、修理では収まることはありません。短かい工期で終わるリフォームを行い、安全で安心、そして快適な暮らしが出来るようにしましょう。




このページの先頭へ