塗装にもいくつかのタイプがある | お風呂リフォーム解決ナビ|業者選びで失敗しない為の比較情報

塗装にもいくつかのタイプがある

一般的な塗装は、色を塗ることが目的です。浴室の壁にも塗装をすることがありますが、色を塗るだけでなく、ひびなどの補強をしたり防水効果が期待できるものもあります。樹脂素材が入っているため、強度もあります。

細かい汚れやひびやカビがある場合

住宅にはそれぞれの部屋に壁があります。リビングや寝室などは水分などがありませんから、防水などは不要です。キッチンは一部で必要になるかもしれません。お風呂場となると、水分がたくさんあるところですから、水分によって傷みやすくなる場合があります。もし傷みが激しいようであれば、修繕をしたもらうことができます。細かいひびが入っていたり、長く使うことによる汚れ、そしてカビなどがたくさん発生する場合があります。カビの場合、菌が無くなっても色が落ちないことがあります。色の塗り替えをすることで、問題が解消できる場合があります。

パネルを新たに貼り付けることで行う


お風呂のタイプには、在来工法とユニットバスがあります。在来工法は、強化プラスチックなどを材料にしてそれぞれの場所に設置します。ただ、長く使っていると、少しずつ壁が割れてきたりすることがあります。この時の修繕方法としては、基本的には全面的な取替えがあります。ただ、大掛かりな工事になることもあり、あまり長く使えないのは困ることもあります。現在ある壁に新たに壁を貼り付けて問題を解消する方法があります。直接貼り付けるだけなので、貼り付けた部分がきちんとつけば使えるようになります。交換よりも安く行うことができます。

新たに設置する場合に素材を何にするか

お風呂場は、水を使うことから傷みやすい場所として知られています。タイルは耐久性も高くそれなりに長くつくことができますが、強化プラスチックなどだと、そのうち劣化してきてしまいます。そこで壁の修繕を行うことがあります。最も安く行う方法としては、塗装があります。単に色を塗るだけのこともありますが、樹脂製の成分を塗り付けることで、薄い壁を取付けるのと同じ効果を得られます。その他に、タイルを張り付けたり、パネルを張り付けたりする方法があります。タイルの場合は、素人では行えず、一旦外して貼り付ける場合には時間もかかります。

まとめ

お風呂場の壁が傷んできたとき、その他の部分が使えるならすべてを取り換えるのはもったいないでしょう。壁のみの修繕を行うことで、対応が可能です。塗装をするだけのこともあれば、パネルを張り付けることもあります。




このページの先頭へ