なぜ発生するかを知っておくと対策ができる | お風呂リフォーム解決ナビ|業者選びで失敗しない為の比較情報

なぜ発生するかを知っておくと対策ができる

住宅にはシロアリが発生することがあり、木造部分を傷めてしまう場合があります。原因がお風呂にあるのであれば、リフォームをするのが良いでしょう。在来工法のタイル張りの場合は、発生する可能性が高くなります。

最も発生しやすいとされている場所

木造住宅にとって厄介な生物にシロアリがいます。アリと言いながら、アリの仲間ではなくゴキブリの仲間とされています。どちらかがいればもう一方もいるとされています。ではそんなところを 好むかですが、ゴキブリ同様に水気のあるところを好みます。そのためにお風呂の設備がある周辺もたくさんいる可能性があります。リフォームを行うときには、状態をチェックしてもらう必要があるでしょう。住宅を建てるときに、排水工事などがきちんとされていればあまり問題はありません。しかし、水漏れなどがあると、たくさん住み着いている可能性があります。

根太と大引の交換を必要とするケース

お風呂場は、ユニットバスの場合は水の出入りは配管のみになります。配管さえきちんと施工していれば、水が漏れることはありません。しかし、従来タイプのタイル床などだと、タイルの隙間、壁の隙間などから水分が入ることがあります。それによって、木材の部分がシロアリにやられてしまうこともあります。リフォームを行う場合、すでに床の下などが弱くなっている場合は、根太であったり大引の交換を行った上で入れ替える場合があります。そのままにしていると、余計に弱ってしまいます。交換後がユニットバスなら、それ以降の心配が減ります。

最近見るようになったので入れ替えの検討

住宅には害虫と呼ばれる虫が出ることがあります。良く知られているのはゴキブリで、キッチンなどの水回りを中心に発生します。それ以外にもいろいろな害虫がいますが、急に増えて困るのが白アリです。家の中であったり、家の周辺で羽根の付いたアリのような虫をよく見かけるようになったら要注意です。いる場所としてはお風呂場の近くが多く、タイルの隙間などから水が漏れだすことで発生することがあります。リフォームを決意する人の中には、最近見かけるようになったからの人もいます。在来タイプからユニットバスへの変更が好ましいとされます。

まとめ

浴室の下に水がたまると、水はけがない状態になります。するとシロアリが住み着くことがあります。よく見かけるようになったと感じたら、リフォームを検討すると良いかもしれません。ユニットバスであれば、問題が解消しやすいです。




このページの先頭へ