お風呂を修繕するのにおすすめの方法 | お風呂リフォーム解決ナビ|業者選びで失敗しない為の比較情報

お風呂を修繕するのにおすすめの方法

お風呂は長年使っているとやはりカビや汚れが気になってくる箇所です。手入れをしていても落ちない汚れが気になり始めたら修理することがおすすめです。一日の疲れを癒してくれるお風呂を快適にしたいならばまずは、どのくらいの費用がかかるのか修繕の相場を知りましょう。

最近のお風呂はどんな風に進化しているのか

冬場、お風呂に入って床が冷たくてヒヤッとなる経験のあるかたもいるでしょう。最近の床は、冬場も入った時からヒヤッとせず、柔らかく快適です。高齢の方や小さなお子さんの転倒にも安心な構造になっていておすすめです。そして浴槽も断熱構造でずっと保温されて温かい状態が続きます。入る時間がまちまちな家族でも常に温かな状態でお風呂に入ることが出来ますので便利です。排水溝の汚れもたまらない工夫が施されているのでお掃除がもっと簡単に進化しています。シャワーの勢いはそのままだけど、節水効果がアップして従来のシャワーよりも約40パーセントもアップしています。経済的にも自然環境にも優しい作りになっています。

修繕の必要性を感じる時はどんな場合か

お風呂の給湯器の調子が不具合が起きるのが10年から15年と言われています。大規模な改修のタイミングに合わせて、リフォームや修繕をしたいと考える人が多いでしょう。経年劣化以外にも、家族構成の変化があった時にも修繕の必要性を感じるかもしれません。例えば、介護を必要とする人が出来た場合には手すりの取り付けをしたり、バスタブを入りやすい形へと交換したり転倒防止のために床を変えたり、冬の温度差を防ぐために浴室暖房を備えたりなど色々な方法で風呂場を変身させることがおすすめです。また、仮に住んでいる自宅を売却したりという場合も水回りは綺麗に変えておくことも必要になるでしょう。

気になるのは修繕にまつわる費用の事

やはり、お風呂の修繕をするときに気になるのは費用に関することです。水回りをリフォームするとなると大掛かりになるので費用が大幅にかかるイメージがあります。一部を修繕することで費用を抑えることはできますが、どうせ修繕するならと一気に浴槽全体を変えたいと考える人も多いでしょう。ユニットバスの総入れ替えの工事となると費用は平均的に見て、50万円から150万円ほど見ておかなくてはなりません。ユニットバスの購入に50万円前後かかり、取り付け費用に20万くらいかかります。配管の工事やミストサウナなどオプションを付けた場合には更に値段はあがります。工事日数は1日から2日で終わります。こんなにも短い期間で新しく快適になるのが魅力です。

まとめ

大切なのは、一つの業者ではなく相見積もりを取りながら納得のいくまで相談し、ショールームに足を運ぶなどすることです。魅力的な機能はたくさんついていますが、自分のライフスタイルにいるかいらないか見極め引き算方法で見積もりを出すと効率的に修繕できます。大体の費用の相場を知っておくことが大切です。




このページの先頭へ