お風呂をリフォームする前に確認すべき事 | お風呂リフォーム解決ナビ|業者選びで失敗しない為の比較情報

お風呂をリフォームする前に確認すべき事

アパートのお風呂をリフォームしたいと考えている方は確認をしなくてはなりません。確認をしないままだと大きなトラブルになってしまう事があります。また自分の持っているアパートの場合も考えなくてはならない事がいくつかあります。

契約者側の場合は大家さんに必ず確認する

アパートを借りている側でも、お風呂をリフォームしたいと考えている方はいます。この際は絶対に勝手に行わないようにしましょう。自宅の場合は自分の所有している物件と言う事になるので、誰にも確認をしなくても良いですが、アパートの場合は自分は借りている側になるので、自分の所有物件では無いと言う事になります。自分の所有物件では無いのに勝手にリフォームを行ってしまうと退去をする際に元に戻さなくてはならないと言う事が出てきてしまいます。これは多額の費用がかかってしまう事になります。確認をしても断られてしまう場合がほとんどですが、まずは聞いてみると良いでしょう。

全ての部屋を綺麗にするようにしましょう

また自分が所有しているアパートのお風呂をリフォームすると言う場合は、全ての部屋のお風呂をリフォームしなくてはなりません。一部だけ綺麗にしてしまうと、契約者から交渉などをされてしまう場合があります。綺麗なお風呂ではないので、家賃を少し下げてほしいと言われるとなにも言い返す事ができなくなってしまい、値引きをしなくてはならない状態になってしまいます。全ての部屋のお風呂を綺麗にしてしまうと、非常にお金がかかってしまいますが、綺麗にした分家賃をあげる事ができるので、回収をする事ができる可能性も高くなります。

契約者の了解をえてから作業を依頼する

すでに生活をしている人がいる状態でアパートのお風呂をリフォームしたいと考える方もいます。この場合は自分の所有物件であっても、契約をしている人に確認をとらなくてはなりません。1日で終わる場合は問題ありませんが、数日間かかってしまうケースもあります。生活をしている人が入浴をする事ができない状態になってしまうと、トラブルが起きてしまう事も少なくありません。自分の所有物件だからと言って自分勝手に行う事が無いようにしましょう。全ての入居者の了解をえる事ができたら業者に依頼をしてリフォームを始めると問題になりません。

まとめ

借りている人がお風呂をリフォームしたいと考えても行う事ができない場合が多いです。また自分の所有物件であればいつ行っても問題無いと考えてしまいますが、入居をしている方の了解をえてから業者に依頼をするようにしましょう。




このページの先頭へ